様々な種類の実印と印鑑には3つの彫り方がある

サイトマップ

トップバナー

様々な種類の実印と印鑑

印刃

彫り方の種類は3つが主流

私は結婚がきっかけで、昔からある路面店で印鑑を作成しました。姓も名も入れた実印でした。 それは、2万円程度の値段でした。実際、高いなぁと感じましたが、初めて自分で注文する実印だし、 この程度なのかなぁ、と購入しました。これまで、機械で作成であろうリーズナブルな印鑑を買った ことはあったのです。ですが、同様の印鑑であるのに、値段がとても異なる事に驚きました。

印鑑への材質が全て異なるのは理解出来ます。私が依頼したのは、パワーストーンの材質の物です。ですが、 材質のみでここまで値段が異なるのか?検索してみたら、印鑑の彫り方により、作成する手間が異なっているようで、 出来上がりも異なるようです。彫り方の種類は、「手彫り印鑑」、 「手仕上げ印鑑」、 「機械彫り印鑑」の3つが主流のようです。「手彫り印鑑」は、機械を全く使用せず最初から最後の 仕上げまで全部、職人が手で彫る方法のようです。

納得する夫婦

値の安い印鑑は大体が機械彫り

全部の工程を手でするので、職人の人件費が必要となるので、印鑑の値段は多少高いでしょう。 ですが、手彫りの良いところは、機械で作成した印鑑みたいに全部同様の顔にならないので、世界で自分だけの 完璧なオリジナルの印鑑が作れるのです。そして、「手仕上げ印鑑」というものは、 粗彫りといって作業を彫刻機でして、手で仕上げした印鑑のことです。彫刻機は作成した印影と 寸分違わず彫刻が可能なものとなっています。

なので、腕が良い職人が印影を作成し、それに従って、彫刻機が彫る。のちの仕上げを手ですれば、 見た目的も、整った印鑑が作成されます。ですが、機械を使用している部分が大きいので、大体は機械彫りと 変化がないという声も耳にします。そして、「機械彫り印鑑」は、機械のみで彫った印鑑の事です。 人件費を最小限に省き、安くする事を考えた印鑑です。なので、見た目は味気なくなんとなく 頼りない印象になるかもしれません。値の安い印鑑は大体が、機械彫りの印鑑となっているのです。

「印鑑のデザイン確認サービス」

案内サービスの女性

通販の印鑑屋では、依頼される方に心置きなく印鑑を注文してもらえるように、 様々なサービスがあります。プレゼント用に、お洒落なギフト用 ラッピングを行ってくれたり、もしも破損や磨耗で、なつ印が出来なくなった時にも、 買った日から10年以内であればサービスで彫り直しが可能な10年品質保証などがあります。

路面店のようなサービスが行われて居ます。サービスの中で、今もっとも注目されているのは、 「印鑑のデザイン確認サービス」でしょう。このサービスは、出来上がったデザインを、 完成前に確認が可能となっています。依頼者の修正の依頼にも、何回でもサービスで対応してくれる といったものがこのサービスの内容となっています。

納得したデザインで注文を

ポイントですが、こういった「印鑑のデザイン確認サービス」、幅広い印鑑販売屋で行っていますが、 内容はとても多くあるので、サービス内容を確認して納得したのちの注文がいいでしょう。 その中で、サービスで可能なのは「書体の確認」だけで、提示してあるデザインからの修正は出来ない。 デザインの修正には、追加料金が必要である。

印鑑本体の価格は安いのに、好みのデザインに変えてもらうために追加料金が多くあり、 大体が普通の値段になりうる可能性が出てくるので、きちんと確認しましょう。 このデザインを完成前に確認が可能なサービスがあるので安心だと、実印のネット販売を 始めて頼みたいと思っている人が多くいる現代で、このようになっては、サービスの意味が なくなってしまいますよね。文化の一部でもある実印というものをずっと残して行って欲しいものです。

実印の印材の種類の基礎知識