気を付けたいことは注意点と特徴

サイトマップ

トップバナー

気をつけたいこと

考えるイメージ

結婚する時に実印で気をつけたいこと

私は結婚をきっかけに、初めて実印を作成しました。ですが、初体験だったので、どういったものを 購入すればいいのか、全く分かりませんでした。なので、母に聞いてみれば、 「女性は夫より、大きい立派な印鑑は持たないほうがいい。」という意見をくれました。 母が言うには、夫の印鑑より妻の印鑑の方が立派な物だと、結婚生活が上手くいかないという物でした。

なので、私は、控えめな女性らしい色の印鑑を、作ってもらいました。 どのような根拠なのかは分かりませんが、印鑑は、「このようにしたらいい」といったことが あるのではないでしょうか。それに耳にを傾けるのかは、あなた次第となりますが、聞いて損はないでしょう。

印鑑の注意を促すイメージ

女性は男性より大きい印鑑を持つ事は控えましょう

一生で印鑑を作成する機会は、そこまで多くないので、それならいっそ良い物を作成し、 一生大切に使用して行きたいですよね。 実印は、男性であれば、姓名の縦彫り、女性であれば、名の横彫りか、姓名の横彫りが良いようです。 更に、女性は男性より、大きい印鑑を持つ事は控えましょう。

使用しているうちに欠けてしまった印鑑は、金運がマイナスになってしまうので、新しい印鑑に変えましょう。 更に、印鑑の素材となる印材も、様々な意味があるようなので、作成する時には、気にかけてみてください。 例を挙げれば、象牙や水牛は積極性や明るさで、経営者や役職者、自由業の人に効果をもたらすようです。 こういったように自分の職業や目的に適した印鑑の材質を、選ぶ必要がありそうです。

結婚を期に印鑑を作りたい人へ

ハートイメージ

「結婚」をきっかけに、自分の印鑑を作成しようと考える人が多いようです。結婚が決定し始めて、 印鑑に興味を持つ人が沢山います。私の会社の近くにいかにも老舗のような印鑑屋さんを発見し、 生まれて初めてはんこ屋さんに足を運びました。 印鑑は通常、「実印」、「銀行印」、「認印」の3点セットを意味しているそうです。

そんな基本も、当時は無知でした。更に、驚いたのが、印鑑の素材1つといっても、 本当に様々な種類が存在する事。更に素材により値段もぴんからきりまでとなっていました。 どういった物が良いのか全く分からずに選ぶのに、かなり時間がかかってしまいました。 店員さんの意見も沢山聞きながら、私っぽい印鑑の作成に成功しました。

「開運」を考えた縁起物の実印は気分的にも良い

ポイント印鑑と聞いて気になるのは、「開運」ではないでしょうか。ですが、現在の印鑑は、「開運」のみでなく、 デザイン性が特化してある物が多く、こだわった印鑑、実印を買う人が多くいるようです。 印鑑の中で、実印と聞くと、家や車を購入したり、重要な契約の際に使う物だと思いますね。 人生の中で実印を使用するような、重要な場面はそこまで何回もないでしょう。

そのような時は、人生の転機と言えるほど、重要な時ではないですか。 そういった事を考えれば、安く加減な物より、きちんと「開運」を考えた縁起物の実印のほうが、 気分的にも良いですよね。「銀行印」、「認印」ならいいですが、「実印」を作成するなら、ネットより、 老舗の印鑑屋に足を運ぶ事をお勧めします。 ネットでは写真での確認になるのでどうしても実際に見るのとは違ってきてしまいます。実印はずっと使う物 なので自分の目でしっかり確認したほうがよいのです。ですので、できればネットでも近くの店舗で直接確認できる お店にした方がよいです。実印は一生ものですから、ちょっとした手間も惜しまないようにしましょう。

実印の印材の種類の基礎知識