実印登録で印鑑登録証がもらえる

サイトマップ

トップバナー

実印登録について

パスポート

身分を証明になるものが必要

新居に引っ越してきました。その際に、市区町村役場で行わなければならない届けの中に、実印の登録があるのです。 実印は印鑑証明書とセットで使用すると効力があります。それは、最初に、実印の登録をお住まいの 市区町村役場で行いましょう。最初は、実印の登録に、どういったはんこでも良いのでしょうか。

準備するものは?簡単に可能なの?など、様々な疑問が出てくるでしょう。 簡単にですが、実印登録の手続きのポイントはこういった流れでしょう。実印の登録する場所は、 住民登録をしている市区町村役場で可能です。実印の登録のときに必要なものは、 実印として登録する印鑑免許証、パスポートなど身分を証明になるものが必要になります。

存在感のある印鑑

どっしりとした存在感がある印鑑を

更に、実印の登録にかかる費用(大体200円から300円程度)が必要です。更に実印として認められない印鑑があります。 印鑑選択には、注意がいるのです。印影の1辺の長さが8ミリ未満の物、印影の1辺の長さが25ミリ以上の物、 変形しやすい材質の物(ゴムやプラスチックなど。)、枠が欠けていたり、摩耗してきれいになつ印できない物、 戸籍上の姓名または、そのどちらかで彫刻が行われていない物などは登録が出来ません。

何度も行かなくてもいいように、上記の点をきちんと確認し、役場に向かってください。 実印は、どのようなはんこであっても、印鑑登録を行えば、それが実印になるのです。 実印は、自分自身を証明する大切なものです。そのような事をふまえ、きちんとどっしりとした存在感がある 印鑑を実印として使用したいですよね

実印登録の手順

歩く人イメージ

印鑑登録完了までの流れを簡単に紹介します。登録までにはそこまで時間がかからないと思いますが、 流れが分かっていれば、よりスムーズな手続きが出来ると思います。最初に、住民登録を行っている市区町村役場へ行きましょう。実印として登録する印鑑と、身分証を忘れず持っていってください。 役場に到着したあと、備え付けの印鑑登録申請書に必要事項を書いてください。

その紙と、持参した印鑑を窓口に渡します。申請が無事受領されれば、実印が登録が終わります。 窓口で「印鑑登録証」といったカードがもらいます。 次から、このカードがあれば、登録印鑑(実印)を、もっていく必要はありません。 カードさえ窓口に渡せば、「印鑑証明書」を発行してもらうことが可能となるのです。

「印鑑登録証」はかなり便利

ポイント自分もこの「印鑑登録証」、市民カードを持っていますが、自動交付機でも、印鑑登録証明書、 住民票の写しが可能なのでかなり便利です。申請書を書く必要がないので、 スムーズな手続きで証明書が、もらえるのです。 このような証明書の類は、申請書に必要事項を書く必要があり、待ち時間も結構かかり、 時間が無駄だなぁと感じていたので、とても楽になったのです。

更に、休日や平日の早朝や夕方でも利用が可能なので、とても重宝します。働いていると、 欲しい証明書があった場合でも、あまり時間が作れないです。昼休みも窓口の順番待ちがあるなら、 いけないですよね。市役所のHPで、自動交付機の配置場所、取り扱い時間といったものの、 詳細が記載されているので、もしもいくのであればチェックを忘れずに行って ください。場所によってはそのような自動交付機がないところもありますので、あると思って行ったらなかった、 ということもありえるのです。

実印の印材の種類の基礎知識