手仕上げ実印は機械より高値

サイトマップ

トップバナー

手仕上げ実印って何?

満足している女性

ある程度見た目の良い実印を作れる

手仕上げ実印と書かれているのを見れば、人の手で作成されているといったイメージを抱きます。 ですが、実際は、最後の仕上げのみ、多少、人の手が入る程度のようです。「手仕上げ実印」が 作成されるまでの工程は、粗彫りといった作業に彫刻機を使用し、最後の仕上げのみ人の手で行います。 ですが、腕の良い職人が印影を作成し、それ煮従って、彫刻機が彫ってくれるのならば、 のちの仕上げもいらない程度の物が出来上がるようなので、人の手が加わるのは、本当に多少のようです。

こういった事を知らずに、完璧、手彫りだと思っている人は居ませんか?実際に、その中の一人となっていました。 それは、見た目的でも、かなり綺麗な印鑑なのです。ですが、彫りを機械に任せてしまいすぎて、 どの印鑑も、同様の出来上がり。それは機械彫りと変化しないのではないか?といった声を耳にします。 機械を使用すれば素人であっても「ある程度見た目の良い実印」を作る事が出来ます。

チェックイメージ

選ぶ時にはチェックを

なので、機械のみで彫った機械彫りの印鑑と変化しない仕上がりの物でも「手仕上げ実印」と 称されて販売されている所もあるようです。機械を一切使用せずに最初から最後の仕上げまで 全部職人の手で作成した100%手作りの「手彫り実印」まではなくていいですが、可能なら最後の仕上げは、 丁寧に扱ってほしいです。それは大体が、丁寧に人の手で作られた「手仕上げ印鑑」であるでしょう。

ですが、「手仕上げ印鑑」と表記されている印鑑の中に、先に述べたような印鑑がある事もあるので、 選ぶ時には、チェックしてください。更に大切な書類に使用する実印を買う時は、もっと注意が必要になります。 「機械彫り印鑑」といったように、全部同様の見た目の実印は、どの場所でも入手が可能なので危ないです。 機械彫りの印鑑のワンランク上となっている「手仕上げ印鑑」を行っている場所を選びましょう。

高い印鑑がいい理由

印鑑の値段は、とても幅広いです。「印鑑にこの値段?」と思ってしまうくらいの高値の物。 逆に「印鑑なのにこんな安い値で大丈夫?」と思ってしまう程安い物に分かれているようです。 こういった物は、個人の価値観で異なるでしょう。「自分の分身でもある大事な実印なんだから、 多少高いけどきちんとした実印を作りたい。職人の手作りであれば、偽造して悪用の心配がないから。」 と思っている人。

印鑑ケース

「人生であまり何回も実印を使用する機会はないのだから、この程度でいいか。」と思う人。 多少高くても、コンピューターに使用せず職人の手作りで作成する印鑑屋は、 こういった人が足を運ぶようです。更に高値の印鑑の良い所は、どういった点であるか分かるでしょう。 実印は、人生の節目、大事な契約時に、使用するものです。

実印は「あなたであること」を表すID

ポイント実印というものは、「あなたであること」の表してくれる、IDとにた物です。世界に自分という人間が 二人いないのと同様に、実印も同様の物はないのです。この世界に、 自分の実印と同様の印影はないのです。犯罪に悪用される可能性もあります。 なので、簡単に印影を作られてしまっては、その印鑑は、「ID」としての役割がなくなります。 なので、実印をコンピューターで作った簡単な物でいいといった考えは異なるでしょう。

多少手間がかかりますが、熟練職人の美しい手書き文字で、丹念に1つ1つ彫っていくことに拘りましょう。大事な「彫り」は、全部の工程を職人の手作業。細部となるまで丁寧に彫刻を行うので、 長期使用が可能で、更に丈夫で欠けにくいのが特長となっています。これであれば、実際に同姓同名だったとしても、 同様の印鑑は出来ないでしょう。偽造にもとても強く安心です。常に「安心し て使用できる”逸品”を」目指しています。このように一生ものである実印に対して逸品を出してくれるところは注文するのに安心 できますよね。

実印の印材の種類の基礎知識