そもそも印鑑とは使用用途によって重要度が変わる

サイトマップ

トップバナー

そもそも印鑑とは?

考える女性

実際は、色々な使い方がされている

はじめに印鑑などはとても迷ってしまう点があると思います。認め印、シャチハタ、銀行印、実印、 何が異なるのかといった、どの印鑑も同様に見えるでしょう。ですが実際は、色々な使い方がされているのです。 実印だったっけ?認印かな?とごっちゃになることがあると思います。 ですが、一般常識なので他人に聞くのは恥ずかしい。なので実印・認印の異なる点を紹介します。

そもそも「印鑑」とはなんでしょう? 印鑑いうものは、大体固い素材で作成され、朱肉を使用するものをハンコというのです。 インクが中から染み出るタイプは、印鑑とは言えません。これは浸透印と名前があり、 「シャチハタ」と知られています。 インクが色あせるので、シャチハタは大事な書類には使用されないことが多くあります。

販売印鑑のイメージ

印鑑の種類は大きく分けて5つ

次に書いていくのが、印鑑の種類です。印鑑の種類は大きく分けて5つです。 実印、認印、銀行印、訂正印、落款印、間違えやすいのが、銀行印、訂正印、落款印、 これは印鑑が異なる訳ではなく、使用用途の違いとなっているのです。実印といった大切な印鑑などは、 かなり重要なものなので大切に保管することが必要となります。

印鑑証明書

紹介した5つの種類の中で、重要性があり、もっておかなければならないものは、 簡単に分けると2つに絞られます。その2つは「実印」と「認印」ということです。 1番重要な「実印」についてです。市町村役所に登録する際に使用した、印鑑です。一人ひとつしか所持出来ない重要な印鑑となります。満15歳で住民票に記載されているのであれば、 登録可能です。

少しひとまわり小さめに作成する

ポイント実印登録し終えたら、印鑑証明書の発行が出来ます。 印鑑証明書というのは、「本人が登録した印鑑」の証明書となります。 登録した印鑑が正しく本物であることを証明する紙です。会社登記で、非常に大切な時に印鑑証明書が使われます。 1番使用頻度の高い「認印」です。郵便物を「受け取りました」のサインにも使用される、もっとも日常的な印鑑です。

認め印

認印は、文房具屋や、100円均一の店舗で購入が可能な気軽なものを購入すると良いでしょう。 印鑑の大きな違いは、あまり気にする人は少ないでしょうけど、サイズについて知っておけば役に立つことが、 2つほどあります。認印は実印・銀行印よりも、少しひとまわり小さめに作成するのが普通ですが、 性別も関係して好まれる大きさがあります。絶対従わないといけないという訳ではないのですが、一応知っておくと よいかもしれません。もし自分がそうしたいのであればそれに従うとよいでしょう。

実印の印材の種類の基礎知識