大体の大きさと耐久性が必要

サイトマップ

トップバナー

大体の大きさ

男女別印鑑

男女別の大体の大きさがあります

そして、実印、認印の男女別の、大体の大きさがあるので、紹介しましょう。 実印は男性15mmから16.5mmで、女性15mmですが、姓または名のみ時は13.5mmのものを作成するのが、良いでしょう。 認印は、男女同様に、12mmのものがよいとされています。 実印は一度作成すれば生涯使うので、1万円以上のものをおすすめします。

良くある話ですが、結婚をしたので、実印を作成することにしました。 独身だったころ、自分が作成した印鑑なんて持ったことがなかったので、どの系列に依頼すればいいのかすら 無知の状態でした。ですが、最近は、さまざまなものが優れて来て、インターネットを使用して、 生まれて初めての実印を作った時の注文方法などを書いていきます。

書体イメージ

実印作成時に決定しておく

まず、実印を作成するときに決定しておくこと。 印鑑の素材、名前の書体、、縦書き、横書きを決めておかなければなりません。では、ネットで実印を作る方法ですが、 最初に素材を選択します。実印に使う、素材を選択します。ネットであるならば、印鑑セットという名前で 実印に進められる素材を写真付きで添付してあるので、とてもわかりやすいです。

耐久性や捺印性

指さしする女性

そして、耐久性や捺印性などが見るだけでわかって、とても簡単に比べることが可能なサイトもあります。 たくさんある中から、「黒水牛特上芯持」という水牛の中でもとても良い素材を選択しました。 その次に、書体を選択します。印相体、古印体といった中から作りたい。実印の書体を選択します。 わかりやすく画像が添付されて説明があるので、具体的な想像ができ、簡単に注文できました。

古い漢字の指定を忘れずに

ポイントその次に、最後の確認をします。捺印イメージの確認です。筆者が印鑑を注文したところは、 自分の名前の捺印イメージ画像をmailにて送信してくれるという とても素敵なサービスがあり、届く前に捺印されたものを、目で見れるというものでした。 「文字大きめ」「書体太めで」といった細かい指定も出来て、とても良心的なシステムでした。 捺印イメージを確認して、納得したならば実印を作り始めます。

作業期間は、約1日でした。そして、手元に届くまでは、約3日ほどかかります。 費用は、送料を含めて4000円程度でした。費用は実印に使う、素材によりけりです。 実印を作成する時に気をつけることは、私は名前に旧漢字を使っていますが、通常は使いません。 実印を作る時には、古い漢字の指定を忘れてはいけません。旧漢字の指定を忘れたら、 使い道がなくなるので気をつけましょう。

実印の印材の種類の基礎知識